痩身効果の高いキャビテーションのメカニズム

エステやクリニックのメニューで、切らずにできる脂肪吸引として注目されているのがキャビテーションです。マシンで超音波を照射すると、体内の脂肪が液化して水分として体外に排出されるという画期的な痩身方法です。

脂肪やセルライトに高い効果があり、二の腕や太ももなどの部分痩せにも向いています。では、キャビテーションではどのようなメカニズムで脂肪が液化されるのでしょう。キャビテーションの超音波を肌にあてると、その振動で脂肪細胞の内部にある水分が気泡化されます。

そして、その泡がはじける衝撃で脂肪細胞が破壊され、液化されるというメカニズムです。液化された脂肪細胞は、遊離脂肪酸として体内で消費されたり、体外に排出されるので、脂肪細胞が残らず、リバウンドしにくい体質になることができます。

また、キャビテーションを施術後3日程は、脂肪が消費されやすいコンディションとなっているので、その期間にリンパマッサージなどをすると、脂肪の消費量や排出量が向上し、より高い痩身効果を実感することができます。肌や筋肉に負担をかけず、1回の施術でも高い痩身効果を得られるキャビテーションは、これから益々需要の高まっていく施術でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする