キャビテーションとメソセラピーの特徴と違いとは

体に蓄積された脂肪を無くして部分痩せをしたいと願う人に、キャビテーションやメソセラピーといった方法が人気を集めています。どちらも通常なら難しい部分痩せを、皮膚を切開する脂肪吸引とは異なる手法で実現するという画期的な方法であり、美容外科クリニックなどで人気を集めている治療方法です。キャビテーションの特徴は、超音波を発生させる特殊な機器を使って脂肪細胞を破壊するという点です。

セルライトのように固くなってしまった脂肪でも、脂肪細胞レベルで破壊して老廃物と一緒に身体の外へ排出させることで痩身効果を得ます。一方のメソセラピーの特徴は、脂肪を溶かす特殊な薬液を気になる部分に注入する事で部分痩せを実現させるという点です。

どちらも脂肪細胞に直接作用するという点では似ていますが、アプローチの方法が異なります。キャビテーションもメソセラピーも、それだけを行っても脂肪の排出が促されないため、マッサージや患部の温めなどを併用する事によって、相乗効果で脂肪の排出を促して部分痩せを目指していくのが共通しています。自分にどちらの方法が適しているのかは部分痩せを希望する部位や脂肪の付き具合、好みなどが影響されるため、カウンセリングで担当者と相談をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする